こころでとめて

こころでとめて帰す夜は
可愛いお方のためにもなろうと
泣いて別れて又御見もじ
猪牙の布団も夜露にぬれて
後は物憂きひとり寝するも
ここが苦界のまん中かいな