姫百合の

姫百合の
露をいとしい心も知らで
一日逢わねば五月雨の
乾かぬ袖も主ゆえに
濡れたが無理かえ
しょんがいな
濡れたが無理かえ