小唄について

江戸時代、現今の流行歌曲のような小曲が数多く唄われてきました。

その中には都会に持ち込まれた地方民謡もあったり、
そうでない端物の唄も多く作ら、人々の口にのぼっていました。
それが端唄であり、上方でも江戸でも行われましたが、
今日、端唄といえば江戸端唄「紀伊の国」「さつまさ」「夕暮れ」「びんほつ」など
といったものがあります。

このような江戸端唄の愛好者であった旗本の隠居笹本笹丸たちは、
江戸末期の安政年間に、
それまでの端唄に品位を与え芸術的な歌曲として整えた「うた沢」というものを確立しました。
このうた沢はやがて二派に分かれ、
寅右衛門派の歌沢と芝金派の哥沢として今日にまで及んでいます。

うた沢の発生に前後して生まれたものに江戸小唄があります。
幕末から明治にかけて、新しく作曲された清元の浄瑠璃に数多く挿入された端唄は、
早間で粋な曲調に改められるのが常でした。

ここに江戸小唄の発生があり、
これが小唄と称され、
一般に流行するようになったのは明治中期以後で、
それ以来、次第に小唄人口は増加し、
「芝居小唄」「座敷小唄」「舞台小唄」
「江戸小唄」「明治小唄」「大正小唄」「昭和小唄」
「春日小唄」など時代や場所により、さまざまな新曲が発表され続け、
現在でもたいへん人気があります。

小唄は通人好みの渋さをもち、
三味線の演奏に撥を用いないといった特徴があります。