春雨に

春雨にしっぽり濡るる鶯の
羽風に匂う梅が香や
花に戯れしおらしや
小鳥でさえも一筋に
塒定むる木は一つ
妾鶯主は梅
やがて身儘気儘になるならば
サァ鶯宿梅ぢゃないかいな
サァサ何でもよいわいな