逢うて別れて

逢うて別れて別れてあうて
千切れちぎれの雲見れば
恋し床しの一聲は
わたしゃ松虫主はまた
空吹く風の呑気さよ
男心はむごらしい
憎うなる程憎いぞえ